7 June 2017 MPCNC計画 〜その4〜 完成までの写真

MPCNC計画も”その4″となりましたが、もうあとは組み立てるだけなので完成までに撮影した写真をずらっと並べておきます。

レーザーモジュール

↑ 15Wのレーザーモジュールは実質半分の出力8W位で運用しろとのこと。

3Dプリンター Trinusで印刷

↑ 3Dプリンタで部品印刷中(失敗でモジャってます!)

↑ こちらは自宅の3Dプリンタで部品出力中。自作のMendelMAX1.5です。

↑ アマゾンから中華ステッピングモーターが届きました。

↑ 12V電源到着。

↑ そして、500WスピンドルモーターはAliExpressから購入。

↑ スピンドルモーターに付属していた電源です。スピコンになる可変抵抗の配線を記録しておきます。赤=VDD 黄=IN 黒=GNDですね。 Aliでは説明をほとんど書いていないので、ちょっとしたものでも記録しておかないと後々困りますw

↑ と、ここまでが3月位。

↑ 縦方向にシマシマが発生。スライスソフトの設定が悪いようです。某巨大掲示板のスレッドで「不思議猫ちゃん」と呼ばれていたフィギュアは綺麗に印刷されています。

↑ プリント部品の印刷は仕事しながらもあり、ひと月ほど掛かりました。MPCNC本家に各部品の印刷時間が掲載されていますので、確認しながら印刷すると良いでしょう。 また、対になる部品があるので付箋などで部品名を書き、貼り付けておくと分かり易いでしょう。

↑ misumiからも部品が届きました。

↑ MonoTaroから届いた単菅パイプを切断中。切断のマーキングに青ニススプレーが便利でした。別にマジックでも構いません。

↑ で、部品が揃えば半日もせずに本体自体は完成します。

↑ 左上の椅子と比較して、大きさがわかるでしょうか?

↑ RAMPS1.4ボードは持っていたので、DRV8825モータードライバ(紫色の基板)とLCDを追加で購入。LCDはちょっと表示が薄いです。

↑ MPCNCを置くテーブル。天板は最後に取り外し式で置く予定です。 こちらのテーブル制作の方が大変でした。なにか既製品を改造する方が良いかもしれません。

↑ テーブル内部にMPCNCを収めて配線をし、大雑把ですが完成です。ウニョウニョ動くー!

てな感じです。
毎回そうなのですが、自作ものは後の設置や微調整に結構時間が掛かります。
ということで、ここで一旦完成ということにしました。
とりあえずお疲れ様でしたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax