17 May 2017 MPCNC自作計画 〜序章〜

自分、ブログ向きじゃ無いことがつくづく解りました。
ブログって、め ん ど く さ い 。みんな、何でそんなにマメなんだ・・・
しかし作業の記録として残しておくには良い媒体であると思うので、気を取り直して綴っていこうかと思います。

さて。まずタイトルにあるMPCNCとは何か。
こちらあたりを見ていただけたらわかります。

  • https://www.vicious1.com/ MPCNC本家
  • http://www.thingiverse.com/thing:724999 ThingiverseのMPCNCデータ

主に(ほとんど)3Dプリンタで印刷されたCNC、”Mostly Printed CNC”を略してMPCNCというそうです。
Mostlyと言いながら、まあ結構その他部品が必要なのですが、主要部分は3Dプリンタで出力できます。
ThingiverseをみるとCollectが9000超え、I Made oneが146人もいますので、海外では結構なユーザがこのCNCを作成しているようです。

大雑把な特徴

  • チープなステンレス製単管パイプを駆動レール&支持体として利用することで、安価で且つそこそこ高い剛性を実現している。
  • 好みに合わせてワークスペースを拡大できる。
  • ツールを交換することで、3Dプリンタ・CNCルータ・レーザーカッター・シートカッティング等の転用が容易。
  • 見た目に反して精度がそこそこ良い。

安価で大型化でき剛性もあるということが海外のみなさんには受けているようです。
どうも木工用CNCのユーザーが多いような気がします。広いワークスペースを持つCNCてのは、やっぱり相当高価だからでしょう。
また、流石に鉄などの金属切削は剛性的に無理なようですが、アルミであればスピンドル次第で可能な様です。

ということで、何を血迷うたかこの馬鹿でかいCNCをつくる事にしました。
何故かって?日本で誰もやってないからさ!!!
いや、広いワークスペースのレーザーカッターが欲しかったんです・・・

15Wレーザーモジュール

まぁ、大凡完成して事後報告なのですが、ちょっとでかすぎて今後悔していますw
無謀にもバカでかいMPCNCを構築する日本のくれーじーなユーザーが増えると良いなーと思いながら記録してゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax